個別株から長期分散投資に切り替えたキッカケ

元々資産運用には興味があって、25歳位から十数年間やってきました。

つい最近まではほとんどが個別株で、自分の好きな企業だったり、優待狙いで買ったり売ったり、いわゆるキャピタルゲインが主な狙いで売買してきました。

最近では大型なところでいえば任天堂株も持っていましたが、任ちゃんはなかなか気まぐれで浮き沈みがとにかく激しい・・・1日で10万~20万動くのはザラで、その浮き沈みに疲れてしまい、手放してしまいました。

 浮き沈みで一喜一憂してる時点で長期投資に向いてないんじゃないかと思われるかもしれませんが、そこはそっとしておいてください。。。

 

 前置きが長くなりましたが、塩漬け株を多く保有しているへっぽこな自分ですが、どういうきっかけで長期分散投資や高配当株投資に寄り始めたかというと、元をたどると一番初めはオリラジ中田さんの「YouTube大学」で「お金の授業を観たのが始まりでした。例えや比喩表現多めでわかりやすいのでついつい見ちゃいます。

その流れで同系列の動画を見ていて、「バカでも稼げる米国株高配当投資」のバフェット太郎さんや、両学長のリベラルアーツ大学、最近では高橋ダンさんなど、空いた時間には投資系の動画を見たり、動画の中で紹介されている書籍なんかを参考にしているうちに思考が長期投資よりに変わってきました。

基本は長期で、インデックスファンドや高配当投資をメインにしつつ、その他趣味で個別株や仮想通貨など、つまんでいきたいと思います(^^)

 

あくまでも投資は自己責任、参考になるならないは別として、気ままに書いていきますー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA