住民税申告不要制度をやってみた

こんにちは、らくいこです!

以前、配当控除を適用するために確定申告をやってみた記事を書きました。

目からウロコ!?配当控除!

数週間後、税務署から封筒が届きました。
税務署から封筒が届くとなんかドキッとしますね💦

中を開けたら、確定申告した結果、配当控除が適用され、

「還付金を振り込みます」

という通知が!!😍😍嬉しいですねー♪

 

さて、今回はその後の話。

いろいろ調べていると配当控除を適用するために確定申告をすると、還付があるというメリットの反面、所得が増えることによって国民健康保険料や、社会保険料などが上がってしまう可能性があるというデメリットもあるようです。

 

そこで、所得税では確定申告をして、住民税では申告をしないという

【住民税申告不要制度】

という制度があることを知りました。

配当控除を適用するための確定申告と同様、今後も配当金は継続してあると思われるので、経験のためにやってみました!

 

申請は各市町村役場にて行うそうです。なので各市町村によって書式が違うようなのでご注意。
自分の場合、以下のような手順でした。

手順1
市役所のホームページから申請に必要な書類をダウンロード
ダウンロードして、書き始めたはいいものの途中で記入方法がわからず
手順2
ほぼ白紙状態で他に必要な書類を持参して市役所へGO
考えてもわからないので、とりあえずわからないところは未記入のまま市役所へ行きましたw
持参したものは、
①申請用の付表
②確定申告の控え
③特定口座の年間取引報告書
④念のため印鑑(結局使わなかった)
⑤本人確認書類(マイナンバーカード)

手順3
市民税課の窓口に行く
役所の方に、「住民税申告不要制度を申請したい」と伝える
手順4
書類を提出
書き方を聞きながら必要書類に記入。付表の他、市役所の方でだしてきた「申請書」にも住所や名前等を記入。あとは持参した資料をもとに役所の方がほとんど記入してくれ、それを眺めるw
手順5
完了!!
以上!!ほぼほぼ役所の方が記入してくれて終了しました。
参考に、次回以降こちらで予め記入しておくところなどはありますかと聞くと、「必要書類だけ持ってきてくれればいいですよー」的な回答でした。

意外にも楽ちん!😊
役所の方もスムーズに書類を処理してくれて、思ったより簡単にできました。

今回の件で、より効率的に資産形成していくためには運用の知識だけじゃなく、税金などの知識も一緒に勉強しなきゃと改めて感じました😅
納めるものはしっかり納めて、控除など適用できるものはしっかり使いたいですね!

確定申告や住民税申告不要制度など、それぞれの収入や環境に応じて対応した方がいいと思うので、詳細は税理士さんや税務署に確認をお願いします。
今回の記事はあくまで「らくいこの場合」として捉えてください😌

ではまた!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA