iDeCo始めました~運用状況~

こんにちは、らくいこです。

全国的にコロナがやばいことになってます。。。自分の近しい人はまだコロナに感染してしまった人はいませんが、連日のように最多人数を更新している現状で戦々恐々としています。。

 

そんな状況に反して(?)、日経平均、すごく伸びてますね!こう調子がいいといつ大暴落がくるか、そっちの方が心配になります。

好調なときほど慎重になって、地道にコツコツ、やっていこうと思います(基本ビビりなので(^-^;))

ちなみに、塩漬けになりかけた「ウェルスナビ」株ですが、先日ポッと上がった時に売りました。

非公開: ウェルスナビに翻弄される

 

さて、今日は題名の通り、iDeCoの話題です。

NISA、iDeCo、どうしてこう英文字が横並びしてるものばっかりなんですかね。といっても、「個人型確定拠出年金」なんて漢字が羅列されても見るのも嫌になる気もしますがw

iDeCoの要点をざくっとまとめました。

そもそもiDeCoとは
  •  老後資金のための、自分年金
  • 60歳までの積立(原則60歳まで引き出しができない)
  • 加入対象は基本的に公的年金に加入している60歳未満の人
  •  掛ける金額、どのように運用するか、受け取り方法もすべて自分で決めれる

※iDeCo公式サイトなどを参照

掛け金や対象者など、もっと詳しく知りたい方はiDeCo公式サイトや、各証券会社さんのホームページでもiDeCoについての解説をチェック!

要は老後のための積み立てですね
メリットは?

なんといっても、節税になる!これが最大のメリット

  • 掛ける時に積み立てた金額が全額所得控除になり、「所得税」と「住民税」が軽減される
  • 運用している間の分配金や運用益などが「非課税」
  • 受け取るときに一定額まで「非課税」

せっかく運用で利益がでてるのに税金でもってかれるのはやっぱり悲しいですよね。それならせっかくある制度を使って賢く節税しましょ(^^)使えるものは何でも使ってみる主義です。

 

デメリットは?

・運用なので、資産が減ってしまうリスクがある

・原則60歳まで資産を引き出せない

・各種手数料がかかる

NISAのように自由に引き出しができないのはちょっと痛いですが、もともと老後資金のためという目的があるので、途中で引き出すという考えは潔く捨てましょうm(__)m

自分で運用商品を選べるということは、メリットでもあるけど、あんまりよくわからない場合はデメリットにもなりますよね。

掛け金減るのはヤダ!!という方には元本確保型のものもありますが、その分見返りも少なくなります。

逆に大きいリターン欲しさにハイリスクの商品ばかりにすると大きく減ってしまう可能性もあります。

これは始める年齢や、職業、価値観など、人それぞれなので、自分がどれだけリスクを取れるかを考えながら選ばないとイタイ目をみることになります。。といっても途中で運用商品の変更もできるので、運用しながら、環境の変化に合わせて変えていくこともできますね!


らくいこのiDeCo

前置きが長くなりましたが、自分は月々15,000円の掛け金です。まだ始めたばかりなので、全然貯まってませんが。。むしろマイナスですが。。ま、初めはこんなもんですよね。

配分的には、海外株式60%、海外債券30%、元本確保10%です。

リスク高めの配分にお情けのような元本確保w

始めたばかりなのでこんな感じですが、定期的に運用状況をチェックしたいと思います!

注意
特定の商品をすすめる記事ではありません。あくまでも投資は自己責任で!

 

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA